カリキュラム

本科(1年目)

本科の授業は俳優になるための基礎訓練を中心にしています。

演技基礎訓練として「発声」「台詞」「シーンスタディ」「解放と集中」などの演技実習訓練。

実技として「声楽」や「ダンス」、「地唄舞」や「狂言」といった伝統芸能。

さらには「スタニスフラスキー・アクティング」や劇団員による「ワークショップ」や劇団所属の演出家、俳優、スタッフによる特別講義なども行います。

この多彩なカリキュラムと充実した講師陣が研究所の大きな特徴と言えます。

 

【授業について】 

授業は月曜から金曜日の週5日/8~10コマ。

(土曜日、日曜日、祝日に授業や稽古を行う場合もあります)

休日に関しては半期ごとに配布される授業予定を参照してください。

※夏季休暇、冬期休暇があります。

 

授業は青年座第二スタジオ(小田急線読売ランド前下車)を中心に行います。

 

実習科(2年目)

年間に2回行われる稽古場発表と卒業公演の稽古を中心とした、より実践的な授業になります。実際に劇団公演で演出や舞台監督、美術などを担当しているスタッフが参加し、質の高い作品作りをめざしています。

また、俳優・声優などの集中ワークショップ期間も設定されています。

 

 

【授業について】

 

上演実習時の稽古は基本週5日、休みは各演出により変動いたします。上演が近づくと連続稽古となります。

ワークショップ時は基本、月曜から金曜日となります。

(土曜日、日曜日、祝日に授業や稽古を行う場合があります)

※夏季休暇、冬期休暇があります。

 

授業は基本、青年座稽古場(小田急線代々木八幡駅下車)で行います。

カリキュラム/講師
講師陣2018-19.jpg
※カリキュラム・講師は一部変更となる場合があります。